部分的に透明なウィンドウOpenGL / Win32 - c ++、winapi、opengl

私はこのトリッキーな(ニッチな)主題に関する既存の質問をすべて読んだが、私は立ち往生している。私は、OpenGLのコンテキストを持つWin32ウィンドウを持っています。ウィンドウを部分的に透明にしたい。

これまでの私の結果は、ウィンドウは透明です。私はいくつかの3Dオブジェクトを描くことができるように、黒の領域だけを透明にして、ウィンドウのように見えます。

ここに画像の説明を入力

まず、私のウィンドウクラスでは、hbrBackgroundを黒に設定しました。

Windows::WindowClass windowClass;
windowClass.cbSize = sizeof(Windows::WindowClass);
windowClass.style = Windows::CS_VREDRAW | Windows::CS_HREDRAW;
windowClass.lpfnWndProc = WndProc;
windowClass.cbClsExtra = 0;
windowClass.cbWndExtra = 0;
windowClass.hInstance = moduleHandle;
windowClass.hIcon = Windows::LoadIcon(0u, (X*)Windows::IDI_QUESTION);
windowClass.hCursor = Windows::LoadCursor(0u, (X*)Windows::IDC_ARROW);
windowClass.hbrBackground = Windows::CreateSolidBrush(0x00000000);
windowClass.lpszMenuName = nullptr;
windowClass.lpszClassName = (X*)name;
windowClass.hIconSm = Windows::LoadIcon(0u, (X*)Windows::IDI_QUESTION);

私はWS_EX_LAYEREDフラグでウィンドウを作成しました。

windowHandle = Windows::CreateWindow(Windows::WS_EX_LAYERED, (X*)name, "", Windows::WS_POPUP, w / 4, h / 4, w / 2, h / 2, 0u, 0u, moduleHandle, 0u);

私のピクセル形式では、アルファとコンポジションを有効にしました。

PixelFormatDescriptor format;
format.nSize = sizeof(PixelFormatDescriptor);
format.nVersion = 1;
format.dwFlags = PFD_SUPPORT_OPENGL | PFD_DRAW_TO_WINDOW | PFD_DOUBLEBUFFER | PFD_SUPPORT_COMPOSITION;
format.iPixelType = PFD_TYPE_RGBA;
format.cColorBits = 32;
format.cRedBits = 0;
format.cRedShift = 0;
format.cGreenBits = 0;
format.cGreenShift = 0;
format.cBlueBits = 0;
format.cBlueShift = 0;
format.cAlphaBits = 8;
format.cAlphaShift = 0;
format.cAccumBits = 0;
format.cAccumRedBits = 0;
format.cAccumGreenBits = 0;
format.cAccumBlueBits = 0;
format.cAccumAlphaBits = 0;
format.cDepthBits = 24;
format.cStencilBits = 8;
format.cAuxBuffers = 0;
format.iLayerType = PFD_MAIN_PLANE;
format.bReserved = 0;
format.dwLayerMask = 0;
format.dwVisibleMask = 0;
format.dwDamageMask = 0;

私はぼかし領域 "トリック"を試しましたが、効果はありません。私の結果はこのコードとは関係ありません。

struct DwmBlurBehind
{
U4 dwFlags;
S4 fEnable;
X* blurRegionHandle;
S4 fTransitionOnMaximized;
};

DwmBlurBehind blurBehind;
blurBehind.dwFlags = Windows::DWM_BB_ENABLE | Windows::DWM_BB_BLURREGION;
blurBehind.fEnable = true;
blurBehind.blurRegionHandle = Windows::CreateRectRgn(0, 0, -1, -1);
blurBehind.fTransitionOnMaximized = false;
Windows::DwmEnableBlurBehindWindow(windowHandle, &blurBehind);

最後に、私はLWA_COLORKEYとLWA_ALPHA属性。これが私に効果を表示するものです。しかし、カラーキーは考慮されていないようです(私もゼロ以外の値を試しました)。

Windows::SetLayeredWindowAttributes(windowHandle, 0, 170, Windows::LWA_COLORKEY | Windows::LWA_ALPHA);

私はブレンドを可能にすることを忘れなかった。

GL::Enable(GL::BLEND);
GL::BlendFunc(GL::SRC_ALPHA, GL::ONE_MINUS_SRC_ALPHA);

回答:

回答№1は1

あなたがしたいことは、Windows Vista以降のWindowsコンポジットを必要とするため、基本的にWindowsのすべてのバージョン(Windows XP以前はEoL)を気にする必要があります。

取るべき重要なステップは、「Blue Behind Window」を有効にしてDWMイントラウィンドウ合成を有効にし、 WM_POPUP 窓;あなたが使用しない場合 WM_POPUP スタイルは、ウィンドウマネージャがデコレーションを描画し、OpenGLレンダリングがその上に「ホバー」します。

        DWM_BLURBEHIND bb = {0};
bb.dwFlags = DWM_BB_ENABLE;
bb.fEnable = TRUE;
bb.hRgnBlur = NULL;
DwmEnableBlurBehindWindow(hWnd, &bb);

MARGINS margins = {-1};
impl_DwmExtendFrameIntoClientArea(hWnd, &margins);

次に、pixelformat記述子の選択を使用する代わりに、新しい "属性" APIを使用してOpenGLコンテキストを作成する必要があります。属性APIを使用すると、 トランスペアレント 〜と アルファ ウィンドウ形式。

int attribs[] = {
WGL_DRAW_TO_WINDOW_ARB, TRUE,
WGL_DOUBLE_BUFFER_ARB, TRUE,
WGL_SUPPORT_OPENGL_ARB, TRUE,
WGL_PIXEL_TYPE_ARB, WGL_TYPE_RGBA_ARB,
WGL_TRANSPARENT_ARB, TRUE,
WGL_COLOR_BITS_ARB, 32,
WGL_RED_BITS_ARB, 8,
WGL_GREEN_BITS_ARB, 8,
WGL_BLUE_BITS_ARB, 8,
WGL_ALPHA_BITS_ARB, 8,
WGL_DEPTH_BITS_ARB, 24,
WGL_STENCIL_BITS_ARB, 8,
0, 0
};

INT iPF;
UINT num_formats_choosen;
if( !wglChoosePixelFormatARB(
hDC,
attribs,
NULL,
1,
&iPF,
&num_formats_choosen) ) {
fprintf(stderr, "error choosing proper pixel formatn");
return NULL;
}
if( !num_formats_choosen ) {
return NULL;
}

PIXELFORMATDESCRIPTOR pfd;
memset(&pfd, 0, sizeof(pfd));
/* now this is a kludge; we need to pass something in the PIXELFORMATDESCRIPTOR
* to SetPixelFormat; it will be ignored, mostly. OTOH we want to send something
* sane, we"re nice people after all - it doesn"t hurt if this fails. */
DescribePixelFormat(hDC, iPF, sizeof(pfd), &pfd);

if( !SetPixelFormat(hDC, iPF, &pfd) ) {
fprintf(stderr, "error setting proper pixel formatn");
ReleaseDC(hWnd, hDC);
DestroyWindow(hWnd);

return NULL;
}

私はこれについて完全な実例を得ました。 wglarb GitHub上のラッパーリポジトリ: https://github.com/datenwolf/wglarb/blob/master/test/layered.c


回答№2については2

あなたに電話がありません。 UpdateLayeredWindow 。 IIRCでは、UpdateLayeredWindowを呼び出すと奇妙な動作が発生します。 YMMV。

詳細 ここに


回答№3の場合は0

によれば ドキュメントのSetLayeredWindowAttributes あなたは合格する必要があります

COLORREF構造体を指定します。透明なカラーキーを レイヤードウィンドウを作成するときに使用されます。で塗られたすべてのピクセル この色のウィンドウは透明になります。 COLORREFを生成するには、以下を使用します。 RGBマクロ

この関数の呼び出しの2番目のパラメータを確認します。


関連する質問
最も人気のある